放送報告

【第104回~福祉×ほじょ犬~】「まだまだ二人でどこまでも行こう!」  中環さん&ファーガスくん

2018/07/16

1530685651534

 

 

「ガチフク!」第104回目は、中環さん、そして、介助犬のファーガスくんをゲストにお招きさせていただきました。
約一年ぶりの再会です♪

 

中さんとファーガスくんのことを今回初めて知った方も多いかもしれないとのことで、本日は、一年前にお聞きした“中さんが障がい者になった頃のこと”や“ファーガスくんとの出逢い”を中心に再度お話をしていただきました。

お二人の軌跡は、何度聞いても本当に目頭が熱くなります・・・!

 

一年前の放送の様子はコチラ
↓ ↓ ↓

【第53回~福祉×相棒2~】
「出逢って、絆を育んで・・・
今はまた自分も周りもキラキラしてる」

 

ファーガス君にメロメロの平間氏(2017年)

 

 

 

 

 

絆は更に深く強く・・・
一人での挑戦も、二人での日常も。

今年はセルフ・トリムマラソン20kmを実施!

 

 

中さんが初めてガチフク!に出演してくださったのは、去年の『さっぽろトリム&ラン+ウォーク』の宣伝時期に期間限定スポンサーとしてお世話になった株式会社アイ・サムさんからのゲストさんとしてでしたよね。

今年は中さんは、『さっぽろトリム&ラン+ウォーク』に“公式には”参加さらなかったそうです。
理由は、今年は車椅子のトリムが5kmコースまでしか設定されていなかったことと、練習中に生活用車椅子が壊れてしまって競技参加条件を満たせなかったから。そして、昨年のレース中に転倒してしまったことで今年の車椅子ユーザーの参加可能競技に影響が出てしまったのではないかという責任を感じてしまったのだとか・・・。

というわけで(?)、中さんは20kmトリム参加選手さんと同時刻にひっそりとスタートをきり、参加選手さんに配慮してほどよく距離を保ちながら、2時間10分という見事なタイムで完走なさったそうです。

 

パンテーラ車椅子

パンテーラ製車椅子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌~旭川127km車椅子の旅
「自分がバカかどうかを確認してきました」

 

旭川駅に到着した中さん御一行様!(画像参照:中さんのFacebook)

旭川駅に到着した中さん御一行様!(画像参照:中さんのFacebook)

 

 

そんな中さんにとっては、20kmなんてほんの序の口!
なんと、昨年8月末、札幌~旭川127kmを車椅子で走ってきたそうなんです!!!

メンバーは、猪飼さんと、工具を積んで車椅子に乗った健常者さんとの3人。

1日目は、
札幌→鶴沼 57㎞
走行時間 10時間

2日目は、
鶴沼→旭川 70㎞
走行時間 13時間

で、
こちらも見事に
総走行距離 127㎞
総走行時間 23時間
を車椅子で完走したそうですよ!!!

凄過ぎます!!!

 

※もちろん、この時はファーガスくんはお留守番でした。

 

 

準備万端のテント泊(画像参照:中さんのFacebook)

準備万端のテント泊(画像参照:中さんのFacebook)

 

 

 

 

 

そういえば・・・聴導犬って?

 

 

介助犬と盲導犬はガチフク!に遊びに来てくれましたが、
残りの補助犬・聴導犬は、北海道にはまだいないそうです。

 

聴導犬は、目覚ましの音やクラクションなどのシグナルや警告音をユーザーさんに知らせて飼い主さんを守る役割を担っているワンちゃんです。

 

聴導犬とは

聴導犬とは(参照:公益財団法人日本補助犬協会)

 

 

特に目視で危険を察知できない後方の状況を知らせる音をユーザーさんに知らせてくれる場面では重要な役割を果たしてくれます。

ユーザーが抱っこできる犬種の、シーズー、豆柴などが活躍しているそうですよ。

 

そして、
聴導犬は、大人になってからでも訓練してなれる場合もあるという点でとても特徴的な介助犬です。
なので、聴導犬の素質があると見込まれて保健所から引き取られていくワンちゃんもいるそうですよ!

「だから、もっと聴導犬の存在を知ってもらってニーズも高まれば、生活が便利に豊かになる人も命を救われるワンちゃんも増えるのに・・・」と中さん。

 

本当にそうですね!!!

 

 

介助犬はというと、基本的な訓練を日本補助犬協会で受けますが、ユーザーさんの障がいによって具体的にその役割が決まっていきます

ファーガスくんは、中さんにスマホやコロコロ(抜け毛のお掃除用☆)を持って行くお手伝いをすることが多いようです。

もちろん、一緒に外出するときは、車椅子の動きを邪魔しないようなポジショニングで歩くことも大事。
更に、中さんは左麻痺なので介助犬は右に付いて歩かないといけません。介助犬の基本訓練は左付きでされているので、ファーガスは、中さんの家に来てから全て反対の動作を覚え直したそうです。

北海道では、函館市にも介助犬が1頭いるそうですが、どんな活躍を見せてくれているんでしょうね☆

 

 

ちなみに、よく見かける補助犬はラブラドールレトリバーですが、関東にはゴールデンレトリバーやスタンダードプードルの補助犬もいるそうです。

補助犬は元々はシェパードが主な犬種だったようですが、怖がられることが多くて今のようになったのだそうですよ。う~ん・・・この話はちょっと切ないですね。。

 

シェパード

 

 

 

 

 

 

ガチフク!2周年を
お祝いしていただきました☆

 

ガチフク!2周年記念クッキー

 

 

そう、実は、2018年6月15日を以って、ガチフク!が放送2周年を迎えました!!!

そのお祝いで、今日はいつもスタジオに遊びに来てくださるリスナーさんが“ガチフク!2周年記念アイシングクッキー”を差し入れしてくださいました☆
本当にありがとうございます!!!

お店でデザインを指定注文でき、スタッフさんが一つ一つ丁寧に手作りしてくださったそうです!!!

 

「ところで、“アイシングクッキー”って何?」という話題になり、3人とも無言に・・・

改めて調べると、
“アイシングとは、粉糖、卵白、マーガリンなどを混ぜて作ったクリームのこと。そのアイシングクリームを使って、クッキーの上にデコレーションを施したクッキー”だそうです。

 

 

実は、6月1日に平間氏が就労支援事業所をオープンしたために物凄くバタバタしており、すっかり忘れておりました・・・(第100回放送記念は覚えてましたけどね・笑)

 

放送中にもお祝いのメッセージをいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

 

「これからもラジオを通して情報発信と人繋ぎを頑張っていきます!
皆様、これからも元気に頑張っていきますので、ガチフク!をどうぞよろしくお願い申し上げます!!!」

平間栄一

 

 

 

 

 

 

 

~ 今週のスポットライト ~

『レゴランド』

 

先日、『レゴランド』で聴覚障がい者4名の入館拒否があったというニュースが報道されました。
「何かあったら大変なので介助の方の同行が必要」という理由だったそうです。

切ないですね。

 

 

――<平間>僕も車椅子ユーザーの方と『レゴランド』がオープンした頃に行ったことがあるのですが、聴覚障がい者さんでも全然大丈夫な場所だと思いましたけどね。

結局、“聴覚障がい者”がどんな感じなのかわからないから、障がい者って聞いた瞬間に「何かあったら困る」って思ってしまうのでしょうね。

このようなニュースを耳にするたびに、“障がい者さんはその辺に当たり前にいますよ”“うちの職場で普通に働いてますよ”っていう社会の状態になればいいなって思います。

皆さん、どんどん外に出ましょう!

外に出ればたくさんの人の目に触れるようになるし、
たくさんの人の目に触れれば社会が変わるし、
社会が変わればもっと出歩きやすくなります!

そういう良いサイクルをつくっていけるように僕も頑張ります!

 

 

 

 

 

~ 今日の新たな方程式 ~

「福祉×ほじょ犬
=共生社会の扉である!」

 

――<平間>中さんとファーガスに、みんなが一歩目を踏み出すきっかけになって欲しいと本当に思っています。

そのためにも!
来週のガチフク!にも中さんとファーガスくんに出演していただけることになっていますよ!

 

 

 

来週もお楽しみに☆

 

 

 

ガチフク!次回のテーマは!

remember the 福祉×介護

-放送報告